夢のマイホームはローコスト住宅で叶う!

ローコスト住宅には利点も欠点もありますが、多くの人が夢見るマイホームの実現という点においては、従来の注文や建売住宅に比べれば手が届きやすいというのは事実です。時々いろいろな場面で、持ち家と賃貸とではどちらがお得か、などという議論がなされますが、損得を別としても収入が十分でないためにマイホームを持つ夢は諦めなければならないと考える家庭は決して少なくはありません。

しかし、同じマイホームでもローコスト住宅で建てられた家ならば夢が実現する確率が格段に上がります。ずっと賃貸で生活している家庭にとって、老後の問題というのは肩にのしかかる負担になりかねません。何故なら、子供が巣立った老後になってから賃貸のマンションやアパートを更新したり新規に契約したいと言っても、困難をきたす場合があるからです。物件を貸す側としては、例えばひとり暮らしの老人にはなるべく貸したくないというのは、一般的に知られていることです。

けれども、堅実に貯金をしていれば子供が独立した後に費用が安いローコスト住宅をマイホームにすることは十分に可能なのではないでしょうか。家族の人数が少なくなれば、それだけ部屋数等も少なくて済み、それは建築費用に反映されることとなります。

また、小さい子供がいるという場合でも、ローコスト住宅は建売や注文住宅に比べればずっと手の届くところにあると言えます。その費用の安さからローンの負担を減らすことが可能になり、子供の教育費との両立もやり繰りすれば実現は十分に可能です。子供が独立してしまえば、家計に掛かる費用は以前に比べてずっと軽減出来るはずです。まだ定年までに時間があるというのなら、そこから再度貯金をすることで、老後に自分たちが住みやすいようにローコスト住宅をリフォームすることも視野に入れられるでしょう。

このように、収入を鑑みて最初からマイホームを持つ夢を諦めなくても、ターゲットをローコスト住宅に絞ることでマイホームの夢の実現は格段に近くなります。そのために重要なことは、しっかりとしたライフプランを練るということに他なりません。収入の面が心配で、早々と一生賃貸住宅に住むしかないと決めつける前に、まずはローコスト住宅についての情報を収集することをおすすめします。綿密な計画と方法次第では、もしかしたら自分たちが思っているよりもずっと近くに夢を実現する可能性を見つけることが出来るかもしれません。

関連記事
noimg
新築を考えているならまずはブログを参考に
メリットとデメリット
ローコスト住宅のメリットとデメリット
後悔する女性
ローコスト住宅で後悔しないためのポイント
noimg
ローコスト住宅のおしゃれな平屋は凄い!
noimg
今後土地代は下がるのか?