住宅関連の税金や補助金を覚えておこう

これから新築で家を建てたいと考えているなら、補助金や税金については大いなる気になるところです。しかも住宅関連の補助金や税金というのは、頻繁に変わる傾向にあるので自分が住宅を建てる年のルールについては、しっかりと把握しておくことをおすすめします。

最新の新築住宅の補助金は、4つあります。まず、すまい給付金と呼ばれる住宅購入の歳に掛かる消費税の負担の緩和です。それから、地域型住宅グリーン化事業というのが数えられます。これは、木造住宅を新築または購入する際に、その住宅が耐久性能や省エネ性能が高い長期優良住宅や低炭素住宅である場合に適用される補助金です。

また、ZEH補助金というのもあり、こちらは国がすすめているZEH基準を満たした住宅を建設または購入、改修することで適用されます。ZEH性能の高さというのは、気密性・断熱性・遮熱性の3つで決められますが、具体的には太陽光発電によるエネルギーを活用することで、消費エネルギーと相殺されその結果人や環境にやさしい家が実現されるということです。

これらの3つの補助金の他に、さらにエネファーム設置補助金というのがあります。これは、家の新築時もしくはリフォームを行う際に、家庭用燃料電池を作り出す仕組みを導入することで適用されます。

補助金については、内容によって申請時期や申請における条件がそれぞれことなっているので、事前にしっかりと説明を理解し、申請をする心積もりならば期限を守るようにしましょう。中には1次公募、2次公募などと期間に区切りがあるものも含まれているので注意してください。

また、税金についても住居購入前にどのようなものがあるか、どうしたら優遇を受けることが出来るかということについての説明を理解することは必須であると言えます。家を購入するというのは大きな買い物であるため、その価格ばかりに気を取られて必要となる税金のことをすっかり忘れていた、などという話は枚挙にいとまがありません。うっかりしていたために、最終的に予算を大幅にオーバーしてしまったなどということがないように、必ず頭に入れておくようにしましょう。

そして、受けられる減税措置は積極的に受けることをおすすめします。こういった措置は申請しない限り受けられるものではないので、自分がイメージしている家がどういうタイプのものなのか、それは補助や減税の条件に当てはまるものなのかということの事前チェックを忘れないことです。

関連記事
noimg
夢のマイホームはローコスト住宅で叶う!
noimg
新築を考えているならまずはブログを参考に
noimg
どこの地域に家を建てるか予算と相談しよう
noimg
今後土地代は下がるのか?
後悔する女性
ローコスト住宅で後悔しないためのポイント