ローコスト住宅のメリットとデメリット

メリットとデメリット

ハイコスト、ローコストという言葉がありますが、その言葉はさまざまな事柄を対象としています。今や住宅も例外ではなく、最近ではローコスト住宅が人気を呼んでいます。マイホームを持つのが長年の夢だという人は数多くいます。しかし、住宅というのは一生の中で1番大きな買い物とも言えるものです。その住宅のコストを抑えることが出来るのなら、多くの人が興味を持つというのは当然のことと言えるでしょう。

どんなものにも、メリットとデメリットがありますがローコスト住宅も例外ではありません。購入を考えるのならば、事前にそのメリットとデメリットを吟味して後悔のないようにしたいものです。では、ローコスト住宅にはどんな利点と欠点があるのでしょうか。

先ずメリットとして挙げられるのは、文字通り価格が安いということです。従ってローンを組む際にも無理のない計画が立てやすくなります。住宅ローンは特に子供がいる家庭ならば教育費と重なる時期にはかなりの負担になるものですが、通常の住宅と比較してローンの支払いが家計を圧迫しない確率が格段に上がります。

また新築で住宅を建てる際に、仮の住まいを確保しなければならない場合がありますが、ローコスト住宅は着工から完成まで大体3カ月程度の工期となります。工期が短いことで仮住まいの家賃費用を大幅に節約することが出来るでしょう。

それから、建て替えがしやすいというのも大きなメリットです。例えば子供が成長して独立するであろう将来、価格が安いため家族の人数によって臨機応変に対応することが可能です。ローコスト住宅設備の追加がしやすく、リフォームがしやすいという特徴を持っています。

しかし、価格が安いことでのデメリットがあるというのも事実です。安く住宅を建てるということは、建築材料の品質を下げることで実現が可能となります。従って通常の注文住宅等と比べ、自由度は低くなり、耐久性や耐熱性、気密性といった住宅としての性能が劣る場合があります。耐久性があまりないということは、劣化が早いということなのでメンテナンスに費用が掛かるということです。またキッチンやバス、トイレ等のグレードがローコスト住宅の場合低くなるという傾向があるということも頭に入れておくとよいでしょう。

ローコスト住宅をマイホームとして考えるのならば、そういったデメリットをしっかりと把握することが肝心です。信頼の出来る業者を選ぶのが成功に繋がるポイントとなります。

関連記事
noimg
新築を考えているならまずはブログを参考に
noimg
どこの地域に家を建てるか予算と相談しよう
noimg
今後土地代は下がるのか?
noimg
住宅関連の税金や補助金を覚えておこう
後悔する女性
ローコスト住宅で後悔しないためのポイント