ローコスト住宅のおしゃれな平屋は凄い!

断捨離とかミニマリストなどという言葉が世間ではすっかり市民権を得ていますが、実は住宅の世界でも、最小限でそのスペースと機能性を活かしたミニマルな平屋が人気を呼んでいます。平屋は元々昭和以前の日本では一般的な家の建て方でしたが、戦後に特に人口が都市部に集中するようになってから、都会を中心に戸建ての家は2階建てが中心となりました。現在では階段のない間取りと言えば、マンションというのが一般的となっています。

しかし、ここ数年のミニマルを意識した若者を中心に、平屋のローコスト住宅の需要は右肩上がりに増えています。確かにローコスト住宅では間取り等の自由度は、通常の注文住宅に比べて制限がありますが、例えば子供がいないか子供をもうける予定のないカップルの二人住まいならば、十分なスペースを取ることは可能です。平屋になると当然のことながら建物全体の面積が少なくなるので、その分マイホームを安い価格で手にすることが出来るため、若者でも手に届きやすくなります。

ミニマルというのは、最小限を意味する言葉ですが、スペースが小さいからといって使い出が悪いということにはなりません。むしろ無駄な物がないすっきりとした空間は、部屋全体を実際よりも広く見せられますし、数は少なくともおしゃれなインテリアを置けば、ワンランク上の家を演出することにもなるでしょう。実際にテレビや雑誌でも、お洒落な平屋のローコスト住宅を見掛ける機会も多くなっています。それは、それだけ若者世代にミニマルなローコスト住宅が認知されているという証拠なのではないでしょうか。

ローコスト住宅の平屋は、若者に人気なだけでなく、高年齢層からも高く評価されています。年を取るとやはり階段の上り下りは負担になるばかりでなく、怪我などの危険性もないとは言えません。その点平屋ならば段差はほとんどないため、安心して生活することが出来ます。そのような背景で高年齢層では、子供の独立に伴って家の住み替えを考える際に、ローコスト住宅の平屋を選択するという人も増えています。

マンション等を購入し、後からリフォームするよりも初めからローコスト住宅のバリアフリー設計を手掛けている業者を選ぶことで、安心な生活を手に入れると同時にコストカットが実現出来ます。夫婦だけで住むのなら、それほど広いスペースはいりません。好みによっては和風のおしゃれな演出を施し、和室でゆったりとくつろぐことも出来そうです。

関連記事
noimg
新築を考えているならまずはブログを参考に
noimg
今後土地代は下がるのか?
メリットとデメリット
ローコスト住宅のメリットとデメリット
失敗した男性
ローコスト住宅は失敗や後悔が多い?
noimg
夢のマイホームはローコスト住宅で叶う!